Dear

私は“心の処方箋”になる様な「光」に満ちた癒しの溢れる作品を描きたい。

眺める度に当時の情景や想いが蘇り、音楽を聴く様に癒される無限に広がる時間の旅へ誘ってくれる様な絵。

それは時間がたっても色あせず、永遠にあなただけのものです。

お金に替えられない癒しや元気を得ることができる。絵や音楽の力とはそこにこそあるのだと私は信じています。

廊下でもいい、台所でもいい、トイレでもいい、ふつうの暮らしの中で目につく場所に、小さくても気に入った絵を飾ってほしい。

日常の暮らしの中で毎日目にし、気にもかけなくなっていた絵が、突然心の中に入ってくる瞬間があるのではないか。。。

悲しいとき、悩んでいるとき、昔を思い出したとき。。。

心の隙間に私の絵が響き、元気になったり、勇気が出たり、幸福な気分になったりする。

日常の暮らしの中で私の描いた「光」が少しでも人生に彩りを添える一助なる事を願っています。

 

寺本和純