A27V843817

Dearのご購入はこちら

気がつけばいつも、夕暮れ時の風景を描いている。

それは自分の心情が夕暮れ時の風景に無意識のうちに惹かれているのでしょう。

光に満ちた夕日を眺めるとふと想いにふける事はないでしょうか?

寂しさや懐かしさ、それは人様々ですが、遠く離れた大切な人を思ったり。。。。

大自然の中、満ち広がる夕日の光、その中にともり始める街の光。

自然と人工、異なる二つの種の光が織りなす世界が、夢の様な時間を作り出し、

風景は温かみに包まれたノスタルジックな風景へと彩りを変えます。

光は粒子となってはじけ、想いを乗せて幸せを運ぶ。。。

 

作中に登場している花束。

 

それは、大切な人へ、想いや一杯の感謝を込めて贈るのか?

それとも、大切な人から贈られたものなのか。。。

どちらにせよ、その優しい気持ちと光に満ちたひと時を一枚のキャンバスの中に留めておきたいと思い描きました。

Dear。。

それぞれにとっての親愛なる相手へ想いが届く事を祈って。。

Dearのメイキング・プロセス

寺本和純